仙台から音楽・デザイン・動物・製菓・調理のプロになる専門学校

文部科学大臣認定「職業実践専門課程」学校情報公開

Twitter YouTube Line Blog Instagram

Wメジャーカリキュラム

Wメジャーカリキュラムとは

Wメジャーカリキュラムとは、自分が入学した専攻だけでなく、他の専攻の授業も履修できる、在校生人気No.1のシステムです。デビュー・就職に関わらず、他の分野の授業を受講することで、自分自身の幅を広げ、一人ひとりに合わせたカリキュラムを組むことが可能です。学費も自分の入学した専攻のみで、Wメジャーによる追加の学費はかかりません。

入学時に選んだ専攻+Wメジャーカリキュラム-自分の専攻以外の科目

こんなひとにおすすめ!

  • デビューの可能性を広げるために、一つのことだけでなく、幅広く学びたい!
  • デビューを目指しているが、就職の準備もしておきたい!
  • 就職の選択肢を広げるために色々な事ができるようになりたい!
  • 就職系の専攻に入学するが、デビューもめざしたい!
  • 入学してから興味を持ったことも学んでみたい。

自分が入学した専攻だけでなく、他専攻の授業も履習できる。

変化し続ける音楽&エンターテイメント業界で活躍する為には、幅広く学べることが成功へのカギとなります。

歌だけではなく、ダンスも学んで歌って踊れるアーティストをめざしてデビューしたい!

柳本夕穂

ソロヴォーカルコース

柳本 夕穂 さん

歌手としてのデビューを目指していましたが、ダンスをもっと学んでみたいと思いWメジャーでダンスを選択しました。2つの授業で学んだことを合わせて、将来的には歌って踊れるアーティストでデビューしたいです!

PAの知識と企画制作の 授業で、コンサートに幅広く関わっていきたい!

柳本夕穂

PAエンジニアコース

秋庭 里穂 さん

入学前、進路に迷っていました。とにかくコンサートに携われる仕事がしたかったので、音響にプラスして企画制作の授業を選択しました。幅広い視点からコンサートに関わっていけるようになり、自分にベストな仕事を見つけていきたいです!

変化し続ける音楽&エンターテイメント業界で活躍する為には、幅広く学べることが成功へのカギとなります。

変化し続ける音楽&エンターテイメント業界で活躍する為には、幅広く学べることが成功へのカギとなります。また、Wメジャーカリキュラムでは、デビュー系の専攻に入学して就職系の専攻の授業を取るなど、ジャンルの垣根を越えて授業を選択することができ、『あなただけ』のカリキュラムで自分らしく学ぶ事ができます。

- 例えばヴォーカリストの場合 -

  • VOCAL01
    ソロヴォーカリスト

    ひとりで歌を歌うことを仕事とするプロフェッショナル。ライブなどではバックバンドをつけて歌うことも多い。

  • VOCAL02
    シンガーソングライター

    自ら歌う曲の、作詞・作曲を自分自身で行う。世界観を形にしていく作詞・作曲の力も重要視される。

  • VOCAL03
    バンドヴォーカリスト

    バンドのフロントマン。バンドの形式により楽器の演奏・作詞・作曲の能力が必要になる。

  • VOCAL04
    ダンス&ヴォーカリスト

    ヴォーカリストとしての歌唱力に加え、ダンスを踊りながら歌うスキルが必要となる。

  • VOCAL05
    ユニットヴォーカリスト

    ユニットとしての歌唱をする為、相手の声を聞き美しいハーモニーを奏でるスキルを必要とする。

  • VOCAL06
    コーラス

    ライブからレコーディングに至るまで、安定した歌唱力が求められ譜面が読めることも重要な要素とされる。

同じヴォーカリストでも
必要スキル全く違う!

VOICE 業界からの声

常に業界のニーズに合った人材を育てていくためには、なくてはならないカリキュラム

アーティストはその時代によって求められるものが変わります。その時代の変化をとらえながら、業界に出ていくために必要なものを全部学んで行くには、なくてはならないカリキュラムだと思います。
ギタリスト ジョプリン得能 氏
「米米CLUB」のギタリスト兼キーボーディストとして活動。現在はディレクター等を務める。

実際の現場では2つ以上のことは必ず知っておかないといけない。

現場で1つのことしかできない人は、なかなかチャンスを掴むことは難しいです。でも、それが2つになるだけで本当にチャンスを掴む機会が増えてきます。興味があれば是非いろんな事にチャレンジしていってほしいですね。
PA 西側 知 氏
「Dragon Ash」の専属PAとして活動。「ROCK IN JAPAN」等のコンサートPAも手掛けている。

VOICE 卒業生からの声

自分のできる事をどんどん増やしていける充実感!

現場で求められるスキルは、ベースのテクニックだけではありません。常に楽曲に対する柔軟な対応力が求められます。在学中から作曲・アレンジなど、学んできたスキルが、実際のスタジオワークですごく役に立っています。
ベーシスト 五反田 裕太 さん
卒業後さまざまなバンドのサポートを務めながら、自身のバンドのアルバム制作を進める。

何事もチャレンジしていくことで仕事につながることがたくさんある

ダンスでは資格が取れるものもあり、その資格を活かして代講などをいただくことが多いですね。また、ライブの現場では芝居を求められることも多くあるので、ダンスだけに囚われず、何事にもチャレンジして幅広くできる力を身に付けて活躍してほしいです。
バックダンサー/ダンスインストラクター
荒木 結花 さん
プランチャイム所属。LiSAやサザンオールスターズのバックダンサーや、インストラクターとして活躍。